基礎学習が終わった人にオススメの単語帳”DUO3.0”

このDUO3.0という単語帳は英語学習の世界ではかなり有名な単語帳で、一通り中学英語の文法を終え「キクタン【中学英語】高校入試レベル」も一通り終わった人にお勧めしたい単語帳です。

私がTOEIC500点台から700点台に上がったのも、このDUO3.0で効率良くボキャブラリー強化出来たためだと思います。

主に国公立上位校や難関私立を狙う高校生が使っていますが、特に受験に特化した単語帳ではないので、社会人の英語学習にも十分使える単語帳です。というか、高校生だけに使わせるのはもったいないです。

DUO3.0を使った感想をまとめておきます。

DUO3.0とは

DUO3.0は重要単語1600語と重要熟語1000語が560例文の中に重複しないように詰め込まれています。つまり560例文を覚えれば、自然と単語1600語と熟語1000語が覚えられるようになっています。

通常、英語学習者が語彙を増やそうとすると、英語コンテンツに触れて増やすしかありません。英字新聞や海外のサイトなどは手軽に触れられるコンテンツですが、人によってはレベルが高すぎて大変だと思います。

純粋に単語1600語と熟語1000語を一つ一つ覚えていくのは大変です。なかなか頭に入らないと思います。

関連記事:
>>語彙力(ボキャブラリ)を上げるのにフラッシュカードを使ってはいけない理由

それが560例文に重複せずまとめられているので、効率よく単語と熟語を覚えることができるわけです。

DUO3.0の内容と構成

DUO3.0のテキストはセクションが45に分かれており、各セクションに10~15程度の例文があります。セクション1~セクション45で560例文が収録されています。

CDにはネイティブスピーカーによる全560例文の音声が収録されています。(CDは別売です)

DUO3.0はテキストとCDを合わせて購入してください。テキストだけでは効果が半減します。

なぜなら語彙の強化は、CDを使った音声のシャドーイングを併用することでより効率的に単語を暗記していくことができるからです。これは通勤時間に効果を発揮します。(理由は後述します)

「DUO3.0 CD基礎用」は特に無くても支障ありません。

DUO3.0を使うべき人

冒頭でもお話ししましたが、DUO3.0は

・中学英語のおさらいを一通り終わった人
・キクタン【中学英語】高校入試レベルを一通り終わった人

が、更に英語力を上げたいときに使うと効果を発揮します。

例文自体はそんなに長くなく、言ってることもさほど大したことを言ってないのですが、TOEIC500~600点ぐらいの人は例文が読めなくてイライラすると思います。

逆に考えると、このレベルの人達の弱いところをグリグリ突いてくれる単語帳です。

もしDUO3.0のレベルが高すぎると感じる場合は「DUO select」か「キクタンBasic4000」を先にやるのがいいでしょう。

※DUO selectのCDは別売です。

DUO3.0の使い方

テキストには、一つの例文につき

・例文
・例文中の単語の解説
・派生語
・例文の日本語訳

があります。

まずは目で読んで、出来れば例文を音読してください

音読すると耳からもインプットされますから、記憶への定着度が全然違います

そしてわからない単語があれば解説で確認して暗記します。この時点では派生語は気にしなくていいです。

そして日本語訳を見て例文の意味を把握します。これを1セクションの例文毎に繰り返します。

1セクション終わったら、今度はCDでそのセクションの例文を聴きます。

聴きながら目でテキストの例文を追って自分でも音読します。できればCDの発音を真似る感じでかぶせ気味に音読するといいです。(シャドーイング)

DUO3.0のCDは頭から560例文全て聞いても60分程度です。

私は通勤時間が片道1時間半程度で、自宅から駅まで歩く時間+駅から会社まで歩く時間が30分弱ぐらいあります。歩いている時間が往復で1時間程度あったので、ほぼ毎日560例文を聴き流していました。もちろん聞き流すだけだと、まだテキストで理解していないセクションの音声も聞くことになるのですが、構わず聞いていました。

そのうちテキスト学習のほうが追いつくと、あ~、あの文はこういう意味だったのか!と印象付けられるため、記憶に定着しやすくなります。短期間で一気に覚えるには有効な方法です。

1日に2~3セクションやると、半月ぐらいで560例文を一通り終えると思います。しかし1周で全て覚えることはまず無理なので(半分も覚えていないと思います)、2周、3周とやり込んで最終的に全部覚えるようにします。

ちなみに私は全部覚えるのに10周かかりましたが、DUO3.0の最初の余白ページに1周目の開始日、2周目の開始日をメモしておくと、だんだん開始日の感覚が狭くなっていることがわかるので、語彙力が付いてきてることが目に見えて実感できると思います。(ちょっとしたことですが、こういう小技がモチベーションの維持には有効です)

DUO3.0の評価

他の英語サイトでもDUO3.0は軒並み高評価を得ています。

Amazonのレビューでも五つ星のレビューが一番多いですが、一方で評価の低いレビューもいくつか見られます。

しかしそのレビューの大半が、そもそも自分のレベルに合っていないことを非難する内容だったり、DUO3.0で早慶受かったなんてあり得ないといった逆恨みのような内容です。中にはIELTSには全く役に立たなかった、と自分のことを棚に上げたひどいレビューもみかけます。

そもそも、DUO3.0でカバーしている単語は、英語圏で生活するには最低限知っていなければならない単語です。

DUO3.0を終えても語彙数は8000語程度で、これはネイティブスピーカーで言えば小学校高学年~中学生レベルの語彙数です。IELTSやTOEFLで留学先から要求されるスコアをクリアするには、DUO3.0に加えて各試験に特化した教材を用いるべきでしょう。

今よりも一段レベルアップしたい人に

DUO3.0は重要単語1600語と重要熟語1000語が収録されていますが、これは1600語+1000語で全ての例文が作られている訳ではなく見出し語4000語がベースに使われているので、このDUO3.0を終えると語彙数が6000~8000語レベルに到達します。

語彙数8000語だと、大体TOEICだと750点、英検だと準一級程度と言われています。一般企業でこのレベルに到達すれば、一応「私、英語ができます」と言っていいレベルだと思います。

仕事で英文メールは書けるし読めるけどちょっと込み入った話になるとあやふやになる、とか、外国人の友達と世間話する分には問題無いけど海外ニュースが読めない、という人は圧倒的に語彙が足りないので、今よりも一段レベルアップしたい
人にはうってつけの単語帳です。