英語ぺらぺら君<初級編>のレビュー

peraperakun

英語ぺらぺら君(初級編)の感想です。

話すことに主眼を置いた英語教材

この「英語ぺらぺら君」は、普段使われる会話フレーズを繰り返し練習することで日常会話のパターンを体に染み込ませるもので、コンセプトとしては7+Englishと同じです。

まず、「英語ぺらぺら君」という教材名のため、これを使えば英語がペラペラになる!と誤解するかもしれませんが、外国語の習得はそう簡単ではありません。

「ペラペラ」の定義が人によってまちまちなのが誤解を生む原因だと思いますが、日本人がネイティブスピーカーと変わらない発音と語彙で「ペラペラ」になるには、毎日必死に勉強・練習しても5年以上はかかるでしょう。どんな教材を使ってもそのレベルに5年以内に到達することはまず不可能です。

一方、「日常生活で必要なこと、伝えたいことをきちんと伝える」「相手の言ってることを理解する」「発音やイントネーションは目をつぶる」というレベルを目標に、とにかく、英語で不自由無くコミュニケーションができることを「ペラペラ話せる」と定義するのであれば、比較的短期間で到達することができます。

この「英語ぺらぺら君」は、後者のペラペラレベルを目指す人向けの教材です。

教材は

・学習マニュアル(全6ページ)
・教材CD(8枚)

と非常にシンプルです。

ここまで…と思うぐらいに非常に易しい教材

CDに収録されているレッスンは、

1.英語での会話例を聞く
2.今聞いた会話の日本語訳を聞く
3.会話の中で出てきた文章の解説(”○○は日本語で××という意味です”といったような感じの解説)
4.ナレーターと一緒に発音練習
 ”私の後に繰り返して言ってみましょう” → 真似して話す×2回
5.「ではxxを英語で言ってみましょう」(クエッショニング)
 → 英語で答える。
6.会話の相手方を与えられるので、CDから流れてくる相手の会話に対して答える
 1で聞いた会話の片方の役をやるイメージ
7.最後にもう一度、1.の会話例を通しで聞く

という流れで1つの会話例を練習します。(1レッスン)

この教材の大きな特徴は、「ではxxを英語で言ってみましょう」と矢継ぎ早に質問されるクエッショニング(質問)

この目的は、簡単な会話フレーズをクエッショニングを繰り返すことで瞬間的に頭から会話フレーズを引き出す力、つまりアウトプット力を鍛えるところにあります。

初心者が英会話で一番困っていることは、相手の質問に対してすぐに答えられないことではないでしょうか?質問に対してすぐに答え返せないのはかなりのストレスです。

質問にすぐに答えられないのは、頭の中に記憶した単語・フレーズを引き出すのに時間がかかっているから。

これを、クエッショニングによって瞬間的に答える練習を繰り返すことで、覚えた単語やフレーズを即座に引き出せるように訓練していきます。

この方法は、以前、一人でもぐんぐん上達する、スピーキングの練習方法で紹介した”一人瞬間作文”と似ています。

この”一人瞬間作文”も、目についたことや頭の中で思い浮かべたシーンについて頭の中でパっと英作文することでアウトプット力を鍛えるので、コンセプトは同じです。

しかし人によっては一人瞬間作文のコツを掴むまでに少し時間がかかるかもしれません。そのような方にはこの「英語ぺらぺら君」のような、練習内容がきちんとスケジュールされた教材が向いています。

自分で会話シーンを想像したり登場人物を設定しなくても、教材CDの通りに練習していけば自然とアウトプット力が鍛えられていきます。

1日1レッスンで全31レッスン

CDには全部で31レッスン収録されており、1日1レッスン(約20分)、約1カ月で終わるボリュームです。

1レッスン約20分程度なので、教材CDをスマホに入れておけば通勤時の電車やバスの中で練習するのに便利です。

例えば、駅まで徒歩15分、電車通勤が30分程度であれば、往路で前日のレッスンの復習をやり、復路で今日のレッスンをやるようにすると、より記憶への定着度が高くなると思います。

この「英語ぺらぺら君」は”テキスト不要、ノート不要”を打ち出しているので、教材CD一つで全て練習できるようにカリキュラムされています。

この教材が向いている人、向いていない人

向いている人

この教材が向いている人は

  • 英語を始めたばかりの超初心者
  • 海外出張に急遽行くことになって英会話が必要な人
  • 急に外国人の担当になってしまい英会話が必要な人
  • 短期間で英会話力をアップしたい人
  • 文法とか勉強したくないけど、海外旅行で不自由なく行動出来るようになりたい人
  • TOEICは高得点だが、会話がまったくダメな人

です。

教材CDに収録されている会話内容は、基本中の基本の日常会話をシンプルな英単語、イディオムで構成されています。

英語レベルとしては初級者向けで、これから初めて英会話をやる人や、他の教材で挫折した人をターゲットにした教材です。そのため内容も易しく、中学1~2年で学ぶ英語レベルでカバー出来る内容です。

そのぐらい徹底して平易な英語で会話を組み立てていますが、逆に言えば日常会話はその程度のレベルであることがこの教材をやるとわかってきます。

そのため、ある程度英語を学習した脱初級レベル~中級者にはやや物足りないと思います。

しかしこの「英語ぺらぺら君」はテキスト不要を前面に押し出しているだけあって、教材CDだけで、会話例、解説、練習、クエッショニング、復習が完結しており、非常にシンプルです。

自分自身で学習計画を立てるのが難しい初心者には、このぐらいシステマティックに学習内容が構成されていたほうが、勉強方法で悩まずに済むので、取り組みやすいと思います。

また、TOEICでは比較的高得点を取っているのに今まで英会話経験が無くてさっぱり話せない、という人が英会話スクールやオンライン英会話を受講するのに二の足を踏んでいるのであれば、この「英語ぺらぺら君」で基礎からセルフトレーニングするのにも向いていると思います。

TOEICでスコアが高いのに話せないという人は、こういった教材で「英語を話すスイッチ」が入ると、元々ベースの英語力は高いですから、たちまち話せるようになります。

向いていない人

この教材が向いていない人は

  • 中級レベルの人
  • 英語を体系的に学びたい人
  • TOEICのスコアアップを狙っている人

です。

この「英語ぺらぺら君」は”英語で話せるようになること”を主眼に置いた教材です。

商品の販売ページでは「TOEICの点数も上がります」といったことも書かれていますが、教材CDの中では文法はあまり詳しく解説されていません。

TOEICは必ずどこかの段階で英文法と語彙力の強化をやらないと、スコアアップは望めません。

そのため、英語を体系的に学びたい人やTOEICでスコアアップを狙っている人にはオススメしません

購入後1年間の返金保証あり

90日間使用しても効果を実感出来ないときは、購入から365日以内であれば返品できます

購入から1年間返品を受け付ける、というのは凄いですね。それだけ商品に自信があるということでしょう。

とにかく最短で英語を話せるようになりたい、という人に向いている教材

同じ会話フレーズ練習系の教材である7+Englishと大きく違う点は、学習者のアウトプットに重点を置いているところです。

私は初めて海外出張に行ったときに、会話の想定問答集を作って本番を想定した疑似会話を頭で練習していきました。

関連記事:
>>英語が出来ないのに急に海外出張!? 短期間で英語をやり直すのにまずやるべきこと

結果的にこれは非常に効果があってよかったのですが、当時こういった会話本番を疑似想定した教材って無かったんですね。

この教材は文法とか語彙を知らなくても取り組めるように作られているので、本当に初歩の初歩から練習したい人向けの教材だと思います。

この教材で挫折する人はほとんどいないのではないでしょうか。そのぐらい取っつき易い教材だと思います。


【英語ぺらぺら君初級編】 公式ページ


英語ぺらぺら君 初級編では物足りない方は

初級編で物足りない人や、現時点で中学英語をマスターしている人には中級編が用意されています。

中級編といっても、使われている英語のレベルは初級編とさほど変わりがなく、初級編で使っていた会話表現をより厚く表現するようになっています。

初級編をクリアできた方に違和感無くステップアップできる内容だと思います。


【英語ぺらぺら君中級編(配送版) 】 公式ページ