試作、量産試作は英語で何と言う?

社内の若手から

「試作とか量産って英語で何ていうんですか?」
「”試作”と”試作品”、”量産”と”量産品”の使い分けって?」
「量産試作って英語で何て言うんですか?」

と聞かれることが多く、なんでかな?と思っていたらネットでググってもスバっと出てこないんですね。

確かに「試作」「試作品」と検索しても、どちらもgoogle翻訳で”prototype”としか出てこない。

今回は、製造現場でよく使うこれらの単語について整理したいと思います。

スポンサーリンク

試作と試作品の使い分け

「試作」は英語で“prototype”です。

日本語でも「プロトタイプ」ということがあるのでお馴染みかもしれません。

一方、「試作品」は“prototype model”です。

These devices are prototype model.
(これらの装置は試作品です)
All of prototype device must be distinguished from mass product.
(全ての試作品は量産品と区別する必要がある)

他にも会社によっては

・ES(Engineering Sample)
・trial product

なんて呼び方をするところもあります。

量産と量産品の使い分け

「量産」は“mass production”です。

“mass”には「質量、固まり、多量」という意味があります。

一方、「量産品」は“mass product”“production model”と言います。

These issue will be solved next mass production lot.
(これらの問題は次の量産ロットで解消される予定です)

日本でも”mass production”を略して「マスプロ」(MP)と言いますね。

These issue will be solved next MP lot.
(これらの問題は次の量産ロットで解消される予定です)

という感じに略語を使う場合も多いです。

量産試作はpre-production

「量産試作」は英語で“pre-production”と言います。

量産試作とは、量産用の製造ラインを通して製品を作る(試作)することをいいます。そこで出来上がったものが「量産試作品」ですね。

実際の量産ラインを通して試作品を作ることで、量産ラインが正しく機能しているかも同時にチェックします。

つまり、production(量産)の前(pre-)だから”pre-production”というわけです。

これも略して「プリプロ」(PP)ともいいますね。

他にも会社によっては

・SS(Sales Sample)

なんて呼び方をするところもあります。

量産試作品はほぼ製品レベルなので、多めに作って営業に渡したりします。(営業サンプルとして)

プリプロとパイロットランは異なる

量産品のことを“pilot-run”と言ってるサイトもありますが、これは厳密には間違いです。

“pilot-run”は量産ラインをテストするために流す試運転のことを言います。

パイロットランは実際に量産ラインに部材を流すため、量産試作と同時に行うことが多いです。

そのため、pilot-run = 量産試作と思ってしまったのではないかと思います。

あくまでも

・pre-production:量産試作
・pilot-run:試運転

です。

ただ実際の製造現場ではパイロットランと量産試作を一緒にやる場合がほとんどなので、量産試作のことを

・pilot run production
・pilot production

と呼ぶ場合もあります。

状況に応じて使い分けましょう。

英文メールを書くのにやたら時間がかかっていませんか?

海外企業に送るメールを書くのに1時間もかかったり、ビデオ会議で「言いたいことはわかっているのに、それが英語でうまく表現できない!」ってことありませんか?

「書きたいことが英語で表現できない」「言いたいことが英語にできない」のは、英語の定型文のストックが全然足りないからなんです。

メールや会議の質疑応答で使う文章って、実はほとんどが決まりきった文章で事足りてしまいます。

多くの人は”May I help you?”(お手伝いしましょうか?)を、「えーと、動詞がhelpで助動詞が…」なんて考えませんよね。「手伝いましょうか?=May I help you?」と丸ごと覚えているはずです。

つまりこういった定型文の引き出しが多ければ多いほど、英文メールの作成時間が短くなり会議で聞きたいことをパっといえる瞬発力に繋がります。

こうした日常会話の定型英文を効率よくまとめたのが7+Englishです。

7+English~60日完全記憶英会話~のレビュー
最短で英語を使えるようになる王道教材 英語を学ぶ方法は山のようにありますが、この教材はとにかく”話せる”ようになることを最大の...

私も以前は自力で英文を考えてメール書いていたので、たった数行の英文メールを書くのに2~30分もかかっていたりしましたが、英文の定形パターンを身に着けてからは、頭で考えた文章がスラスラと英語化できるようになりました。

英文メールの作成に時間が掛かっている人、ビデオ会議で言葉がうまく出てこない人は是非試してみてください。

>>【7+English】~60日完全記憶英会話~ 公式ページ