ボール(球)だけではない”ball”の本当の意味とは

幼児英会話教室でも教わるごくごく簡単なballという単語ですが、実はいろいろな意味があることを知っていますか?

球形の蹴ったり転がしたりして遊ぶ、いわゆる「ボール」以外のいくつかの意味も、日常でよく使われています。

スポンサーリンク

ballの意味

ballを辞書で調べると「(球技用の)ボール」「球形のもの」「球技」「投球、球の投げ方」・・・など、ごく一般的に知られている意味から書いてあります。

さらに進めてみていくと、「(複数形で)睾丸」「ばかげたこと」「(複数形で)勇気、蛮勇」とあります。

このあたりは教科書英語では教わらないballの意味ですね。

ところが、ネイティブには日常的でよく使う単語です。

小学生の男の子が平均台の上で足を踏み外し、股間を押さえながら、”Ouch! My balls・・・”みたいに使いますね。

それと意外な意味としては「舞踏会」や「とても楽しい時」とあります。

「ballが舞踏会?」なんて思うかもしれませんが、実は日常会話でもよく使われるので、知っておくと便利です。

ballとは舞踏会のこと

「社交ダンス」のことが「ボールルームダンス」といわれるように、ballには「舞踏会」とか「公式なダンスパーティー」という意味もあります。

アメリカではプロムと呼ばれる高校生ダンスポーティーがありますが、ニュージーランドではschool ballといわれ、その言葉も広く浸透しています。決して「学校で使うボール」のことではありません。

We had a ballとは「とても楽しい時間」

・How was your holiday?
 (休暇はどうだった?)
・We went to Hawaii for two weeks. We had a ball.
 (2週間ハワイに行ってたんだ。とても楽しかったよ。)

このように、have a ballで「とても楽しい時間」を表現します。Have a good timeとか have a great timeと同じような意味です。

「ball(ダンスパーティー)のように楽しい時間」という意味からきているらしいです。日本人にしてみるとどんだけプロム楽しいんだ?と思ってしまいます。

以前、ニュージーランド人に

・We are going away this weekend.
 (週末は遠出するんだ)

と話したら”Have a ball!”との返答。「ボール???」と、しばらくの間理解できず、腑に落ちないまま記憶のどこかに引っかかっていました。

その後も何度か言われる機会があり、聞くたびになんとなく「楽しんで」というような意味かな~とは感じていたけれど、辞書で調べてみてようやく納得した経験があります。

簡単な単語でも疑問に思ったら調べてみると、意外と知らない意味も含まれていて、英語の奥深さを感じますね。