なぜ英語はネイティブじゃなくて日本人に習うべきなのか?

teacher

英語と言えば日本人よりも外国人、それもネイティブスピーカーに教わったほうがいいんじゃないの?と普通思いますよね?

しかしそれが本当にベストな選択でしょうか?

実は英語は日本人に教わったほうが効率的ですよ、というのが今回のお話です。

スポンサーリンク

これ、英語で何ていうの?

英語を勉強していくと、「この日本語を英語で何て言うんだろう?」というときが多々あります。

例えば「それって微妙に違うんだよね」を英語で言いたいとき、「微妙」を英語でどのように言うのか、結構英語に慣れていないとわからないですよね。

英会話教室に通っている人であればネイティブ講師に質問できますが、ネイティブ講師でも相当日本語が堪能でなければ、適切に答えるのは難しいと思います。(「微妙」にぴったりな英単語が無い)

むしろ「そんな細かな表現にこだわらなくてもいいんだよ。” It’s a little different.”でも全然通じるから。」と言われて終わるかもしれません。

確かに講師の言うこともごもっともなんですが、こちらとしては「It’s a little different.で通じるのはわかるけど、聞いてることはそういうことじゃなくて、別の言い方でもいいから”微妙”のニュアンスを含んだ言い方を教えて欲しかったのに」と思ってしまうこともしばしばです。

英会話学校の外国人講師のスキル

日本語に置き換えてみるとわかりやすいのですが、大方の日本人は日本語のネイティブスピーカーなのに日本語の文法を論理的に理解して、それを外国人に教えるスキルを持っていないと思います。

例えば、「わたし”は”」と「わたし”が”」の違いを的確に説明できるでしょうか?恐らく大方の日本人は説明出来ないですよね。普段そんなこと考えなくてもよいので、説明出来ないのが普通でしょう。

日本語の助詞「て」「に」「を」「は」の使い分けや、日本語独特の物の数え方(助数詞)の規則、等々、普段何気なく使っている日本語でも、それを外国人に言語として理解させるのは素人が片手間に出来ることではありません。

つまり「日本語を話せる能力」と「日本語を教える能力」は全く別物で、これは英語でも同じです。

英会話教室の中には、言語を外国人に教えるための語学教授法も知らず、単にネイティブスピーカーというだけで講師を雇っているところもあります。

英会話学校の講師はとっても明るくてフレンドリーで異文化を感じさせてくれる存在ですが、講師の雰囲気やノリに惑わされると、本来の目的(英語力を伸ばす)を達成するための講師ではなく単に「楽しい外国人の友達」になってしまう恐れがありますので、その点は注意が必要です。

日本人に英語を教わるメリットとは

英語圏以外の人が英語を学ぶ場合、文型を避けて通れません。第1~第5文型まである例のアレです。

普段、英語を使わない我々にとって、文法は効率よく学習するための重要なツールで、もし文法を学習せずに英語を習得しようとしたら、幼児並みの大量のインプット/アウトプットを何年もこなさないと習得出来ません。

関連記事:
>>子供に英語教育は必要か?(1)

5文型についてネイティブ教師に質問しても”Who cares? そんなの気にせずに話せばいいよ”と言われるのが関の山でしょう。

まあ、ネイティブにしてみたら文型なんか考える暇があったらconversationしたほうが余程トレーニングになるよ、って感じなのでしょう。

しかしこの文型、どんな文でもたった5つの文型に分類できるので、私たちノンネイティブが英語を学ぶのに実に都合がいいのです。

文型を理解することで、英語という言語システムを最短で理解する手助けになります。

日本人の英語講師はこういった文法を学ぶメリットをネイティブよりも知っています。なぜなら日本人講師も私達と同じようなところで苦労した経験があるからです。

そのため、日本人がどういうところでつまづくのか、なぜそう思うのか、など手に取るようにわかるので、「日本語独特の表現をニュアンスを残して英語で伝えるにはどう言えばよいか?」といったような、日本人学習者の疑問点について的確に回答することができるのです。

確かに発音の面ではネイティブスピーカーと比べて劣る部分があると思います。しかし日本人から見た英語に対する素朴な疑問についてすぐに聞ける講師が身近にいるのは、発音が劣ることを補って余りあるメリットではないでしょうか。

お金や時間に余裕のある方はネイティブ講師との時間を増やして英語を身に着けるのもよいですが、短期間に英語のスキルをアップしなければならない人は、すぐに何でも聞ける日本人講師に学んだほうが、はるかに学習の効率が良い方法だと思います。