”no worries”と”don’t worry”の違いとは?

イギリス、オーストラリア、ニュージーランドでよく使われるno worries。

いろいろなシーンで結構幅広く使われるので紛らわしいのですが、カジュアルに使える便利な言葉です。

don’t worryと似ていますが、どう違うのでしょうか?

使うシーンを例に、意味合いの違いを解説します。

スポンサーリンク

No worries は no problemとほぼ同じ

I’m sorryに対する返答の仕方として、”no problem”や”never mind”が一般的だと中学英語で習いませんでしたか?

no worries の発祥地オーストラリアでは、I’m sorryに対してno worriesで返す人がたくさんいます。

おとなりのニュージーランドやイギリスでもno worriesはよく使われ、すっかり浸透しているフレーズです。

実はこのno worries、アメリカ英語にも影響をもたらしてきているともいわれています。

Worryの主な意味とは、「心配させる」「くよくよさせる」「気をもませる」「心配」「気苦労」。

No (否定)+worries (心配)で、「心配はない」という意味です。そのまんまですね。

このように、アメリカ英語のno problem「心配いらない」「問題ない」と同じような感じで使われます。

・I’m sorry. (ごめんなさい)
・No worries.(気にしないで)

また、次のようにも使えます。

・Can you give me a ride home? (家まで乗せていってくれない?)
・No worries. (問題ないよ)

日本語だと「ぜんぜんいいけど」みたいな感じでしょうかね。

don’t worryとno worriesの違いは?

worryを使った似たような表現のdon’t worry とno worriesですが、どう違うのでしょう?

簡単にいうと、don’t worry は「心配しないで。大丈夫だよ」という感じで、”do not worry about it”と丁寧に言い換えることもできます。

一方でno worriesは、「心配ないよ~」という感じで、フレンドリーな感覚で使う表現です。

この場合、worry は必ず複数形でno worriesとなります。

またdon’t worry とは違い、no worries about it と言い換えることもできません。

no worriesはyou are welcomeの意味も含んでいる

no worries はとても万能な表現で、I’m sorry にもthank youにも対応できます。

Thank you とお礼を言われたときに使うno worries は、 you are welcomeの意味を持ちます。

友だちや家族間で使われることが多く、かしこまり過ぎず、リラックスしたお礼の気持ちを伝える時に適しているのがno worriesなんです。

職場で上司との会話中にno worriesを使うと、少しくだけ過ぎの感じがあります。

親近感が沸くからとやたらno worriesを使うのではなく、相手の立場によってはyou’re welcomeやit’s my pleasureが適切なことがあるを覚えておくと便利です。

日本語でも「ありがとう」といわれた時、家族や友だちに「どういたしまして」ということはほとんどないでしょう。「気にしないで」「なんてことないから」「たいじょうぶだよ」と答えることが多いと思います。

このようなカジュアルな感じが、no worriesなのです。