最低発注数量(MOQ)と最小発注単位(SPQ)の違いとは

logistics-852936_640

海外の部品メーカーとやりとりする場合、必ずと言っていいほど出てくるのがMOQとSPQです。

・MOQ(最低発注数量:Minimum Order Quantity)
・SPQ(標準梱包単位=最小発注単位:Standard Packing Quantity)

この2つは混同しやすいので注意してください。

スポンサーリンク

MOQとは?

MOQとはMinimum Order Quantityの略で、最小発注数量のことを指します。

例えば見積書(Quatation)に”MOQ:100pcs”とあれば、100個から注文を受けますよ、ということ。

MOQ以外に条件がなければ、101個でも110個でも注文を受けてくれます。

とにかく「この数量未満では注文を受けられません」というのがMOQです。

SPQとは?

SPQとはStandard Packing Quantityの略で、標準梱包単位=最小発注単位のことを指します。

例えば見積書に”SPQ:100pcs”とあれば、1箱とか1ケースが100個入りということ。

そのため注文は100/200/300…とSPQの倍数で発注します。

110個とか560個というような注文は受け付けてくれません。

SNPとは?

SPQと似た意味でSNP(生産荷姿単位:Standard Number of Package)という略語がありますが、こちらは出荷時の梱包単位でよく使われます。

例えば”SNP:30″であれば、1カートンボックスに30個の製品が梱包されている、という意味です。

輸送効率を上げるために、カートンボックスはトラックやコンテナに納まりやすい大きさで設計します。そのため、商品によってはSNP:25pcsとかSNP:144というような中途半端な単位になることもあります。

SNPは物流の世界でよく使われる略語です。

MOQとSPQの使い方

通常は見積書に

MOQ/SPQ:100/100

と書いてあれば、最低発注数量が100個で発注単位が100個という意味です。つまり100/200/300…という単位で発注してください、ということです。

MOQ/SPQ:1000/100

と書いてある場合は、最低発注数量が1000個で発注単位が100個という意味で、この場合は1000/1100/1200…という単位で注文してください、ということです。

もし、必要な数量がメーカーの指定するMOQやSPQを下回る場合は、相手に交渉してみるのも手です

自分の会社と部品メーカーとの取引状況にもよりますが、他にも大量に部品を購入しているのであれば、MOQ/SPQを下回って売ってくれる場合があります。ただその場合は単価が上がってしまうケースが多いです。

そこまで取引が多くない場合はMOQ/SPQを割ってくれることはあまりありませんが、私はダメモトで聞いてみたりします。

聞くだけならタダですし、それに直接バラ売りしてくれなかったら、バラ売りに対応してくれるディストリビューター(販社)を紹介してくれないか?とかいろいろ相談できますからね。

関連記事:
>>アメリカ出張でレンタカーを運転するのは不安?でも大丈夫!
>>海外出張時に病気!?そんなときに使える英語フレーズと保険の話